マインクラフトで英語!

聞いてしゃべれて読めて書ける、最もシンプルな方法と本質論。

YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-7

3. 意味のつかめた動画もしくはコロケーションの見つかった適当な動画をYouGlishのMy contentにsaveする。

 

  さて、まずステップ3では、後で復習の際利用できるように、適当な動画を選んでYouGlishのMy contentに保存しておくわけなんだけど、一体どんな動画を保存しておくべきなのかっていう点について触れておくと、これはとにかく、その語句の意味を効率よく定着させることができるような動画、そういうものを選んでおけばいい。で、それには大きく2通りの動画があって、1つは「意味をつかむきっかけとなった動画」、もう1つが「コロケーションを含む動画」っていうことになる。

   意味をつかむきっかけになる動画って、たいていの場合は「映像的にわかりやすく、印象的なもの」か、もしくは「文章的にわかりやすいもの」になるんだけど、例えば "jettisoned" なんていう単語をそのまま検索にかけてみると、2つか3つ目くらいの動画に「European Space Agency」っていう研究機関がアップしたパラシュートの動画が出てくる(一応今の所)。例えばこういう感じの動画を(ってまあ検索してみてください)My contentにsaveしておくと、のちの復習・定着が効果的に実行できていい(この単語なんかは、そのパラシュートの動画を1回見ればまず忘れることってないと思うから、ほとんど復習の必要がないくらいなんだけど)。

  一方、"and" や "or" なんかの等位接続詞を使って、その身に付けたい語句が言い換えられてるような文が登場する動画っていうのは「文章的にわかりやすいもの(の1つ)」って考えていいと思う(文章的にわかりやすいものって、言い換えがなされてる文とは限らない)。

  例えば "redundant" っていう単語を検索にかけてみると、ある動画で "unnecessary, redundant, or unhelpful tests" なんて言及してる箇所に出会って、「ああ、まあ大体 "unnecessary" "unhelpful"みたいな感じか」っていうふうに、なんとなくその意味がつかめたりするんだけど、こういう動画も後で復習する際、その前後の内容から意味を引き出しやすいから、復習用動画としては適当だと思う。

  ちになみに、この "redundant" っていう単語は、 "redundant data" っていう組み合わせで使われてる動画が何回か登場するんだけど、こういうものは例の「コロケーション」っていうふうに見なして、ここで再度、今度は "redundant data" で検索にかけてみると、例えばある動画でゴミ箱にデータが捨てられてる映像が登場して、「ああ、いらないデータってことだから、やっぱりこれってさっき観た "unnecessary" "unhelpful" みたいな意味でいいんだな」って感じに、ちょっと「本当にそういう意味なんだろうか」って思ってた「不安」みたいなのが、この段階でほぼ「確信」に変わって、しかもどんな状況でどんなふうに使えばいいのか(例えばこういうコンピュータ関連の用語としても使うことが出来る)っていうのも合わせて、いわば「使用言語」としてしっかり身に付けることができたりする。

  で、こういう「コロケーション」を含む動画って、単語単体のものよりも、なんていうか記憶を引き出すきっかけになる動画としても優れてる( つまり、"redundant" だけよりも "redundant data" ってなってた方が意味を思い出しやすい)。だから、こうした「コロケーションを含む動画」っていうのも復習用として保存しておくといい。

  さて、ともあれこのステップ3では、そんなふうにして「意味をつかむきっかけになった動画」や「コロケーションを含む動画」を中心にMy contentに保存して、それを次のステップ4で役立てるようにする。

  というわけで、次回、最後にステップ4の注意点を書いて、たぶんそれでこの『YouGlishでVOCABUIL!』のシリーズはひとまず(ってまたいつか続きを書くことになるかもしれないからとりあえず)終了ってことになると思う。

  しかしこんなに長くなるとは思わなかったな(せいぜい2つか3つくらい記事を書いて終わると思ってた)。まあこんなに長い記事を最後まで読んじゃったっていう人は、たぶんこのYouGlishを利用したVOCABUILに興味のある人か、もう既に実行してるっていう人くらいだと思うんだけど、次回の記事には、そんな人たちのために、このVOCABUILを実行する、あるいは継続するためのモチベーションアップも兼ねて、ちょっとしたシークレット・ステップみたいなのも用意しておきます。お楽しみに。