読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マインクラフトで英語!

How do we get to speak English? The simple answer is here.

やあ小学生のきみ! マインクラフトで英語だよ!

  そう、君! きみだよ、きみ。小学校たのしい? そうか、なるほどねえ。あ、でもきみ、ゲームすきだね? たぶんマインクラフト、すきだね。ん、マインクラフトより...... ふ~ん、そうなんだ。そんなゲームあるんだ。へ~。あ、でもあれでしょ? あんまりゲームばっかりやってると、ママにおこられるでしょ?「ゲームばっかりやってないで! べんきょうしなさい!」なんて。「かたずけなさーい!」とか。ちがう?

  でさ、こっそりかくれてゲームしてると(これがまたたのしいんだよね~)みつかってゲームとりあげられちゃうんだよね。あ~、ほんとはもっと、ずーっとゲームやってたいのに。だれにもじゃまされないで、おもいっきり、すきなだけ、おもうぞんぶん、ゲームやりたいのになあ。

  あのね、いいことおしえてあげるよ。おにいちゃんが(おじちゃんじゃないよ、おにいちゃんが)ゲームずーっとやっててもママにおこられないほうほうを! いいかい、このブログをみつけたきみだけに、とくべつ大サービスだよ。ん? なに? そんなのいいから、はやくおしえろって? まあまあ、そうあわてんなって。

  あのね、いいかい、いまからいうことをやると、なんと、ゲームやりながらいつのまにか「えいご」がしゃべれるようになる(かもしれない)んだ。

  ん? なにその「かもしれない」って? それはね、またこのあとでいうから、ちょっとまってね。あ! きみ、きみはかしこいんだねえ、もう気づいたんだね。そう、そうなんだよ。これ、ゲームしながら「えいご」がべんきょうできちゃうんだよ。そう、だから、ママにおこられない! だって、"べんきょう"してるんだからさ! でしょう?「ゲームばっかりやってないで、べんきょうしなさい!」っていわれたら、どうする? ん? そうそう、「え? いま、えいごのべんきょうしてるんだけど」とか「Mom, I'm studying English now. Leave me alone!」とかっていっちゃえばいいわけ!

  さあ、いいかい。じつは、おにいちゃんは(おじちゃんじゃないって)、おにいちゃんは、この、ゲームやりながらのほうほうで、「えいご」がしゃべれるようになったんだ。ほんとだよ。ぜ~んぜんうまくないんだけど、あれ? あれれれ? しゃべれちゃった、ってちょっとおどろいたんだ。それでね、これひょっとしたら、きみたち小学生がやったら、もしかすると、もっとうまく「えいご」をしゃべれるようになるんじゃないかな? って、そうおもったんだよ。え? なんでかって? それはね、きみたちのほうがぼくよりあたまがやわらかいからさ!

  ただね、1つだけほんとのことをいっておかないといけない。なぜってぼくはうそがきらいだからね。それはね、ぼくがこのほうほうで「えいご」をしゃべれるようになったのは、ぼくが「えいご」をいっぱいべんきょうしたことがあるからかもしれないんだ。わかるかな? でも、きみはどうだろう? 「えいご」いっぱいべんきょうしたかな? え!? もうしゃべれるの? そうか..... じゃあきみは「えいご」じゃなくてほかのことばにしよう! なんでもいいよ。フランス語でも中国語でもスペイン語でもなんでも、「えいご」ってところをほかのことばにかえてよんでみてよ(きみは3か国語しゃべれるようになるかもしれないね)。

  それで、もしきみが「えいご」をあんまりべんきょうしたことがないっていうんだったら、いいかい、さっきもいったけど、このほうほうでゲームしながら「えいご」がしゃべれるようになるかもしれない。そう「かもしれない」んだ。じつはね、このほうほうを、もっとおとなになったひとたち(大学生)にもおしえたんだけど、その人たちには「かもしれない」っていってないんだ。なぜかっていうと、その人たちはぼくとおなじ、「えいご」をいっぱいべんきょうした人たちだから。だから、じしんをもってこういったんだよ。「しゃべれるようになる!」ってね。

  でも、きみにはしょうじきにこういうよ。「しゃべれるようになるかもしれない」ってね。

  でも、これはね、ぼくのちょっかんなんだけど(ちょっかんってわかるかい? わからなかったら先生にきいてみてね。直観のほうだよ)、きみたち小学生のほうが、すぐに、しかもじょうずに「えいご」をしゃべれるようになるとおもう。なぜかって、それはね、さっきもいったとおり、きみたちのほうがあたまがやわらかいし、それにじつはもうこのやりかたで「がいこくご」をしゃべれるようになった小学生が世界中になんにんもいるみたいだからなんだよ。

  ん? なになに? おっと、そうだった。きみは「えいご」なんてどうでもいいよね。そうそうゲームだよ、ゲーム! そうだろう? ようし、じゃあ、いいかい、おとなのひとたちに「べんきょうしなさい!」なんていわれないで、おもいっきり、おもうそんぶんゲームやれるほうほうをおしえるよ! Let's do this!

 

1.YouTubeで、「えいご」でしゃべってるマインクラフトみたいなゲームをたくさんみる。

2.こんどはじぶんで「えいご」をしゃべりながらゲームをやってYouTubeにだす。

 

そう、これだけ。これだけだよ。いいかい、こまかいことは「ぼく、こうやってえいごべんきょうしたいんだ!」っていって、おとなのひとにてつだってもらうんだ。それとね、「えいごべんきょうしたいんだ!」のところを、しっかりと、大きいこえでいってごらん。きっとうまくいくからさ!

 さあ、あとはおもうぞんぶんゲームするだけ!Yah! Let's try!