マインクラフトで英語!

How do we get to speak English? The simple answer is here.

B.Q.R. J-9 『キムタツ式 灘校生が実践しているTOEICテスト900点を当たり前のようにとるためのパワフルメソッド』

実際に使われているシーンごと、つまり文や文章などをそのまま覚えてしまわないとなかなか使用語彙にはならないのですね。(『キムタツ式 灘校生が実践しているTOEICテスト900点を当たり前のようにとるためのパワフルメソッド』木村達哉著 ーp.42)

 

  ただ、もう少し言うと、「実際に使われているシーンごと」という点がより重要なんだと思う。だから、真ん中とばして、「実際に使われているシーンごと(略)そのまま覚えてしまわないとなかなか使用語彙にはならないのですね」。

  そして、これは英語をしゃべり始めて感じたことなんだけど、「暗記したもの」って、どうしても思い出しながら、時に文字化しながらしゃべってしまうので、使用語彙になってる感じがしない。それに対して「覚えてしまったもの」っていうのは、思い出しながらとか文字化しながらという過程がないから使えてる感じがする。

 じゃあどうすれば覚えてしまえるのか? これを言うのは難しいというか、ちょっとよくわからない。一度見た風景とか、どこかで聞いたメローディーって覚えようとしなくても頭に残っていたりするけど、それに近い感じで覚えてしまってるんだと思う。

  ただこれだけは言える。この「覚えてしまう」プロセスに「反復」はあまり関係ない。繰り返せば繰り返すほど、この「覚えてしまう」に近づけるのかっていうとそうじゃないんだよな、不思議なことに。