読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マインクラフトで英語!

How do we get to speak English? The simple answer is here.

YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-9

  さて、最後にもう一度、このYouGlishを利用したVOCABUILのステップをまとめておくと......

  1. Business Result Advanced Student Book Pack and DVD-ROMなどを使って、音を聞いて意味内容やイメージをつかめない語句をピックアップする。

  2. 既知の語句も含め全てYouGlishで検索にかけ、コロケーションを探しながらその語句を含む複数の動画を観る。

  3. 意味のつかめた動画もしくはコロケーションの見つかった適当な動画をYouGlishのMy contentにsaveする。

  4. YouGlishのMy contentで動画を見直し復習する。

っていうことになる。

  このVOCABUILの特徴は、受験英語的に、スペル=「文字」とその「日本語訳」を結び付ける「暗記」じゃなくて、「音」とその「状況的意味」を一体化した「音=意味」が、いつのまにか頭の中に残ってるっていう状況を生み出す所にある。

続きを読む

YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-8

4. YouGlishのMy contentで動画を見直し復習する。

  ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスが導き出した「記憶の忘却曲線」っていうあの緩やかな形のカーブを描いた反比例曲線のグラフは有名だけど、例によってネットに掲載されてるその「忘却曲線」の情報は、なんだかその解釈がまちまちでいまいちよくわからなくなっている。特に、大抵のサイトに掲載されてる「20分後には42%忘れて(?)、1時間後には56%忘れて(!!)、1日後には74%忘れてる(!!!)」っていうこのパーセンテージって、おそらくこの「忘却曲線」の「節約率」=20分後:58%、1時間後:44%、1日後:26%から、100マイナス式で出されてるんだろうけど、「節約率」(典拠=忘却曲線 - Wikipedia)って結局、再暗記する時間が最初と比べてどれくらい節約されたかってことであって、記憶の保持率やら忘却率みたいなのとは全然違うんじゃないだろうか? だいたい1時間後に56%も忘れちゃうんだったら、「一夜漬け」で乗り切ったあの数々の試験は一体何だったんだって話になるし、まあなんだかちょっとよくわからない。

続きを読む

YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-7

3. 意味のつかめた動画もしくはコロケーションの見つかった適当な動画をYouGlishのMy contentにsaveする。

 

  さて、まずステップ3では、後で復習の際利用できるように、適当な動画を選んでYouGlishのMy contentに保存しておくわけなんだけど、一体どんな動画を保存しておくべきなのかっていう点について触れておくと、これはとにかく、その語句の意味を効率よく定着させることができるような動画、そういうものを選んでおけばいい。で、それには大きく2通りの動画があって、1つは「意味をつかむきっかけとなった動画」、もう1つが「コロケーションを含む動画」っていうことになる。

続きを読む

YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-5

2. 既知の語句も含め全てYouGlishで検索にかけ、コロケーションを探しながらその語句を含む複数の動画を観る。

 

  前回の記事YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-4の続きなんだけど、今度は「既知の語句」=「音が既に意味になっている語句」以外のものをどうやってYouGlishで身に付けていくかっていうことになる。

  基本的なやり方は、前回見た「既知の語句」の場合と同じで、身に付けたい語句をテキストフィールドに入力して、複数の動画を観て、適当な動画を "My content" で保存しておくっていうことになるんだけど、その「既知の語句」の場合と違うのは、身に付けたい語句のその「意味」を、自分で探って獲得していくっていう点だ。

続きを読む

YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-4

  前回の記事YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-3の続きで、今度はステップ2の詳細を書いていこうと思うんだけど、まずそのステップ2の内容をもう一度確認しておくと......

 

2. 既知の語句も含め全てYouGlishで検索にかけ、コロケーションを探しながらその語句を含む複数の動画を観る。

 

っていうことだった。

  で、まず触れておきたいのが、「既知の語句も含め」っていう点についてなんだけど、前回も見たようにステップ1の段階で、音を聞いてその意味が分かる語句とそうでない語句を分けたあと、できればその「音を聞いて意味が分かる語句」っていうのも、一度はYouGlishで検索にかけて動画を観ておくといいと思う。

続きを読む