マインクラフトで英語!

聞いてしゃべれて読めて書ける、最もシンプルな方法と本質論。

YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-6

前回の記事YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-5で書いたことの他に、このステップ2で注意しておいた方がいいと思う点が少し残ってるんだけど、わりと細かいことが多いから、この辺りは簡単に箇条書きにして書いておこう。

YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-5

2. 既知の語句も含め全てYouGlishで検索にかけ、コロケーションを探しながらその語句を含む複数の動画を観る。 前回の記事YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-4の続きなんだけど、今度は「既知の語句」=「音が既に意味になっている語句」…

A.Q.R. J-8 『やすらぎの風』他

前田麻里『やすらぎの風』S10号一部 神奈川県川崎市生まれ。1989年創作画人協会新人賞。1995年朝日チューリップ大賞展大賞受賞。2007年第41回創作画人協会展文部科学大臣賞受賞。

YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-4

前回の記事YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-3の続きで、今度はステップ2の詳細を書いていこうと思うんだけど、まずそのステップ2の内容をもう一度確認しておくと...... 2. 既知の語句も含め全てYouGlishで検索にかけ、コロケーション…

YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-3

前回の記事YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-2の続きなんだけど、このステップ1で実行する「音だけで意味がつかめるか」っていうチェックをする場合に、あらかじめ頭に入れておいたほうがいいポイントが2つある。まず1つ目が(これは…

YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-2

前回の記事YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-1の続きなんだけど、とりあえずいろいろと試行錯誤しながらこのYouGlishっていうサイトを利用した "VOCABUIL" をやるうちに、だいぶその利用の仕方みたいなものが固まってきたので、まずはそ…

A.Q.R. J-7 『ここにいるよ』他

カネコミホ『ここにいるよ』F20一部 1974年埼玉県生まれ。1998年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。2000年同大学大学院修士課程修了。デニーズ、ユニクロなど多数のデザインを手がける。

YouGlishでVOCABUIL!~中上級者向け英語語彙力増強法-1

去年、B.Q.R. J-71の記事からB.Q.R. J-76の記事にかけて、受験英語的な文字主体の翻訳的英単語暗記じゃなくて、文字をできるだけ避けながら「音=意味」っていう認識のもとで、より実践的で本質的な語彙力を身に付けるための "VOCABUIL" の方法をいろいろ試…

B.Q.R. J-83 『ローマ字で読むな!』

従って、私たちは無意識のうちに学校で「英語」を勉強してるつもりになっていましたが、実は英語自体を身に付ける授業は行われておらず、英語を日本語に訳すための翻訳の技術とその練習実践をさせられてきたのです。 (中略)私たちは、英語の「読力」と「文…

B.Q.R. J-82 『ローマ字で読むな!』

そして私に言わせれば、日本人は決してもとから英語が苦手ではない。英語が苦手にさせられているのです。その始まりが小学校の国語の授業で教わるローマ字であり、それに続く中学からの英語教育なのです。(『ローマ字で読むな!』船津洋 著 ーp.7) もう半…

A.Q.R. J-6 『ジヴェルニーモネの池金色の雲』

平松礼二『ジヴェルニーモネの池金色の雲』12号一部 1979年第1回中日大賞展大賞、1980年第2回セントラル日本画大賞展優秀賞、1988年第1回MOA美術館賞優秀賞、1989年第10回山種美術館賞展大賞、2000年MOA美術館岡田茂吉賞大賞、2002年第35回東海テレビ文化賞…

B.Q.R. J-81 『たかが英語!』

言語鎖国とは、国家が国民の使用言語を母語に制限し、外国語の使用を禁じて、国民を言語的に閉ざされた状態に置くことだ。もちろん日本で現実に、外国語の使用が禁じられているわけではない。しかし、英語教育の現状を見ると、むしろ英語を使えなくなるよう…

B.Q.R. J-80 『たかが英語!』

一般的な日本の社会人が英語を習得するのに、どれだけの時間が必要だろうか。 1000時間。それが、この答えに対する僕の仮説だ。 なぜ1000時間なのか? 参考にしたのは、やはり楽天のインド人、中国人社員が、コミュニケーションレベルの日本語を習得するのに…

B.Q.R. J-79 『たかが英語!』

日本人はこれまでさんざん英語を勉強してきた。学校での授業時間と予習・復習の時間を考慮すれば、一日平均1時間、英語の勉強に費やしたと考えてもあながち間違いではないだろう。すると1年間で約350時間。したがって中学、高校、大学の10年間で3500時間と…

B.Q.R. J-78 『たかが英語!』

日本の英語教育の根本的な誤りとは何か。その一つは、英語教師が英語をしゃべれないことだ。(『たかが英語!』三木谷浩 著 ー p.165) 以前、英語=受験英語を教えていた時、僕は自分が英語をしゃべれないことを特に何とも思ってなかったし、むしろそれは、…