マインクラフトで英語!

How do we get to speak English? The simple answer is here.

B.Q.R. J-97 『最強英語脳を作る』

メガトレンドがそういう世界に向かっているというのは、もう動かしようがない。当然、人間は保守的だからそれはイヤなので、いま世界で起こっているナショナリズムの動きも、それに対する反動だと思います。

日本でも、昨年(2015年)には『英語化は愚民化』とか『英語の害毒』というような、「英語帝国主義」を批判する新書がよく売れたそうですが、それも僕は一過性のものだと思います。どんな流れにも、必ず反動は起こります。(『最強英語脳を作る』茂木健一郎 著 ーp.73)

 

  前回の記事で、今度はいわゆる伝統的な訳読式英語教育を推す保守的な教育論者とは逆の立場にいる大学教授について、次回以降取り上げてみようみたいなことを書いたんだけど、その時念頭にあったのってこの茂木健一郎じゃあなかった。

続きを読む

B.Q.R. J-96 『英語の害毒 』

(2)機械翻訳の進歩によって、実用目的の外国語学習の重要性がだんだん低下すること。(中略)そして(2)から導かれるのは、これからは話せるようになることにこだわる必要はなくなるということだ。(『英語の害毒』永井忠孝 著ーp.178)

 

  前回前々回の記事では、英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書)って、かなり「痛~い」書籍だっていうようなことを書いたんだけど、それでもB.Q.R. J-89 『国際共通語としての英語』 - マインクラフトで英語!以降見てきた一連の保守的な英語教育論者の書籍の中では相当ましな部類だった気がする。少なくとも、ある前提=「もし英語が優位言語になるなら」ってことを念頭に置いて読めば、まあ何とか言わんとすることはわからなくはなかった。

続きを読む

B.Q.R. J-95 『英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる 』

その際、提出された授業の英語化の数値目標が衝撃的なのだ。一流とされる大学は、今後、10年のうちに五割以上の授業を日本語ではなく、英語で行うようにすべきだと言うのである。(『英語化は愚民化』施光恒 著 ーp.22)

 

  これは、第4回産業競争力会議で提出された数値目標で、この会議が開かれたのは2013年だから、要するに2023年までにはっていう目標ってことになるんだけど、確かに、半分以上の授業を英語でって聞くと、ちょっとそれはいくら何でもやりすぎなんじゃないかって一瞬思わなくはない。

続きを読む

B.Q.R. J-94 『英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる 』

最近のグローバル化・英語化推進の背後に見てとれるのは「グローバル化こそ歴史の必然であり、進歩である」とする見方、つまり「グローバル化史観」であった。「グローバル化史観」では、人間社会の進歩とは「土着から普遍へ」という一方通行的過程だと捉えられる。

 しかし、この歴史のとらえ方は誤りだ。たとえば、宗教改革以降の西欧の近代化の歴史は「土着から普遍へ」ではなく、「普遍から複数の土着へ」というプロセスと見るべきだ。ラテン語で読み書きする人々だけが独占していた「普遍」的な知を、「現地語」に「翻訳」し、それぞれの地域に根づかせることで、多くの人々の社会参加が可能となり、近代化への活力が生じたのだ。 (『英語化は愚民化』施光恒 著ーp.160)

 

  そういえば、ラノベ系のアニメキャラクターを派手に車体にラッピングした "痛~い" 車、いわゆる「痛車」が今ドイツで人気らしい。

nlab.itmedia.co.jp

続きを読む

B.Q.R. J-93 『「英語が使える日本人」は育つのか?』

逆に、主要先進国と言われる国の言語状況を考えてみると、それぞれ単一の強力な言語を有していることがわかります。モノリンガル(単一言語)の安定した母語能力を有するからこそ、政治・経済・文化において繊細な議論ができるのです。(『「英語が使える日本人」は育つのか?』山田雄一郎・大津由紀夫・斎藤兆史 著 ーp.56)

 

  前回の記事でも触れたんだけど、伝統的な訳読式英語教育を推す保守的な教育論者には、引用したような単一言語信仰みたいなものがあって、強力な母語=日本語の存在が今の日本の発展を支える一翼を担ってるって考える向きが多い。だから、英語の普及は日本語の安定を脅かし、それがひいては日本の国力の低下をも招くっていうふうに考えている。

続きを読む

B.Q.R. J-92 『「英語公用語」は何が問題か』

大事なのは、英語ができるかどうかの前に、話す内容があるかどうかである。(『「英語公用語」は何が問題か』鳥飼玖美子 著 ーp.173)

 

  過去記事でも触れたように、この著者は、伝統的訳読式英語を推す保守的な教育論者の一人で、ここで言ってる "話す内容" っていうのも、英語ベースじゃなくて母語を基盤とした「言語力」のことを言っていて、基本的にはそこからの翻訳っていうのを言語を運用する前提と考えている。

続きを読む